日帰り白内障手術

日帰り白内障手術について

白内障手術は手術方法の進歩により以前に比べますと飛躍的に安全にできるようになっております。


日帰り手術は全身状態が良好な方はもちろん、御高齢の方、高血圧や糖尿病など持病をお持ちの方でも現在体調が悪くない方であれば、服薬中の薬を中断することなく手術が可能です。入院をしないので普段の通院の延長線上のものであるとご理解いただければと思います。


また、全身状態が思わしくない方や入院手術をご希望の方に関しましては入院可能な施設を御紹介させていただき、退院後は当院で経過をみさせていただくことも可能です。ご希望の病院がありましたらどうぞお申し付けください。なければこちらからご紹介致します。

手術までの流れ

初診日

1)白内障の手術適応についての診察(視力、眼圧、眼底検査等)
2)手術の説明、手術日の決定、
3)術前の検査(眼内レンズ度数決定のための検査、血液検査等)


※1回の受診ですべてを行う場合には2時間前後みていただく必要があります。
(術前検査の電話予約可 03-5779-1177)

↓

手術当日

手術時間は10分前後ですが術前の点眼などの必要があり、当日は来院から帰宅まで2時間30分前後かかります。

手術費用

日帰り手術は入院費用が必要ない分低コスト
1割負担の方で 手術時 15,000円程度
2割負担の方で 手術時 30,000円程度
3割負担の方で 手術時 45,000円程度


※その他、薬剤料、術前術後の診察・検査料が必要です。

生命保険・医療保険の給付金につきまして

現在、ご自身が任意で加入されている生命保険の医療特約や入院・手術を対象とした医療保険で、白内障手術が給付金の対象となる場合があります。
ご加入されている生命保険会社・JA・共済・郵便局等に

(診断名)白内障  (手術コード K282-1.ロ)
(手術名)水晶体再建手術(1.眼内レンズを挿入する場合 ロ.その他)

につきお問い合わせください。
多くの場合、所定の診断書がありますので各保険会社等からお取り寄せ頂き、手術後に受付にお申し出ください。
なお、診断書は1通につき3,150円(税込み)です。

入院手術とどう違うの?

手術に違いはあるの?

どちらでも同じ手術です。

感染症などのリスクは?

統計的に差はありません。

費用は?

入院費や諸経費が必要のないクリニック等で施行されている日帰り手術が断然有利です。

入院したら点眼薬などすべてやってくれて楽って本当?

現在の入院は片眼1泊2日が基本的なもので手術翌日には退院しますので、実は術後の点眼や生活制限などは日帰り手術と全く同じです。

日帰り手術と入院手術の割合は?

日本では、おおよそ70-80%は日帰り手術です。

もりもと眼科 03-5779-1177 メールでのお問い合わせはこちら

白内障

緑内障 加齢黄斑変性

糖尿病・網膜症

網膜剥離

ドライアイ

近視・仮性近視 メガネ・コンタクトレンズ