網膜剥離

網膜剥離

網膜剥離(飛蚊症が気になる方へ)

網膜とは網膜は眼球壁の内側で眼の底にあるカメラのフィルムの役割を果たす神経細胞のシートで「光を感じる」組織です。

網膜剥離

何らかの原因で既存の場所よりはがれた状態を網膜剥離といい、病因によりいくつかに分類されますが、一般的には網膜に何らかの原因で裂孔(網膜の一部に裂け目や穴)が生じそこから徐々に剥離が進行していくものをいい裂孔原性網膜剥離といいます。

網膜剥離のイメージ(断面図)

網膜剥離(正面から)

原因

近視の強い方は網膜が薄くなり裂けやすく、アトピー疾患の方などの場合、掻痒感のため眼球を擦ったり叩いたりなどし,その反復した行為が慢性的な眼球打撲や炎症を引き起こし網膜剥離や白内障などをきたすことがあるため、一度は眼科を受診したほうがよいでしょう。その他、眼球打撲、外傷、眼科手術の既往のある方や、片眼が網膜剥離になられた場合のもう片方の眼、家族性に発症する網膜剥離などもあるので血縁者に網膜剥離の既往のある方なども注意してください。
但し、このような原因により網膜剥離が生じやすい一方、これらにあてはまらない方にも網膜剥離は偶然に発症してしまうこともあります。

発症年齢

10~20歳代の若年者と40~60歳代の中高年の2つの世代にピークがあります。

症状

網膜剥離の発生した部位により視野欠損、視力低下、変視症(ゆがみ)など違いがあり、前駆症状として飛蚊症、光視症などを自覚することがあります。中高年に起こる網膜剥離はこのように飛蚊症や光視症を伴い急激に進行する視野欠損、視力低下をきたす場合が多いです。一方、若年者に起こる網膜剥離は進行が遅く場合によっては無症状で、視力低下などの自覚症状があっても近視などのために物が見にくいと思い込んでいるため、コンタクトレンズ購入や眼鏡処方、たまたま他の疾患で眼科を受診した際に偶然見つかる場合があります。

レーザー治療

網膜裂孔は認めるがまだ網膜剥離をきたしていない場合や網膜剥離は認めるがかなり狭い範囲の状態や、停止した状態の場合にはレーザー治療などにより網膜剥離の進行を阻止できる場合があります(いわゆる手術室での手術をしなくて済む)。

手術

網膜剥離の手術が必要な場合には数日以内に手術となることが多いのですが、進行が遅く今すぐ視力に影響しないような若年者の一部の場合など緊急性がない場合もあります。手術時間は概ね1~2時間で術後入院期間は数日~2週間程度となっており、90%程度の方は一回の手術で網膜は元の場所にひっつきます。残りの10%程度の方は2回、3回の手術を要することとなります。残念ながら何回手術をしても網膜をひっつけられない場合があります。

予後(手術後の視力)

網膜剥離は気付かずに放置された場合には失明に至ることもあります。但し、適切な診断と治療がなされれば失明に至ることは稀です。
手術後の視力については手術前の網膜剥離の状態に関係します。どれくらいの期間、どの範囲まで網膜剥離が広がっていたか、特に網膜の中心部分である黄斑部というところが剥離しているか否かが視力の予後に関係し、網膜剥離も他の疾患同様早期発見、早期治療が重要です。

もりもと眼科 03-5779-1177 メールでのお問い合わせはこちら

白内障

緑内障 加齢黄斑変性

糖尿病・網膜症

網膜剥離

ドライアイ

近視・仮性近視 メガネ・コンタクトレンズ