眼内レンズについて

眼内レンズ種類と見え方

単焦点眼内レンズ

 ①メガネなしで遠くがよく見えるようにする (老眼鏡が必要です)

 

   

 ②メガネなしで近くが見えるようにする

(手元以外はメガネが必要です)   

 

多焦点眼内レンズ

④遠方および近く(読書など)をできるだけ眼鏡なしで見えるようにする。

(日本で認可されているレンズで先進医療の対象)

⑤ 遠方から中間の広い範囲を見やすくする。

(日本で認可されているレンズで先進医療対象)

眼内レンズの選択

(眼内レンズなしで見えるおおよその範囲)

 30cm50cm1m5m
単焦点眼内レンズ(遠) × ×
単焦点眼内レンズ(近) × ×
単焦点眼内レンズ(中) × ×
2焦点レンズ ×
焦点拡張型レンズ ×
3焦点レンズ

 

①単焦点眼内レンズ(遠)

遠方に合わせる

②単焦点眼内レンズ(近)

遠方に合わせる

③単焦点眼内レンズ(中)

中間に合わせる

④2焦点レンズ

遠方および近く(読書など)をできるだけ眼鏡なしで見たい方に適しています。 夜間運転される方や繊細な作業(コントラストを重視)をされる方にはやや不向きです。
テクニスマルチ
レストア

⑤焦点拡張型レンズ

遠方から中間の広い範囲が見やすく、2焦点レンズよりグレア(光が長く伸びてまぶしく見えること)や ハロー(光の周辺に輪がかかってみえること)が少なめでコンスラストが良く、夜間運転される方に適しています。 ただ近くは弱めです。
テクノスシンフォニー
アクティブフォーカス

⑥3焦点レンズ

遠方と近方、遠方と中間距離の2種類の2焦点レンズを組み合わせた3焦点型多少点眼ないレンズです。 アポダイズド構造によってハローヤグレアが軽減されます。コントラストは2焦点レンズや焦点拡張レンズ より劣ります
ファインビジョン

メリットとデメリット

 単焦点眼内レンズ多焦点眼内レンズ
メリット 保険診療のため安価 遠近両方にピントが合うため、メガネが不要になる場合が多い
デメリット 遠近両方のピントを合わせるためには、メガネをかけなければいけない 自費診療のため、費用が高額

もりもと眼科 03-5779-1177 メールでのお問い合わせはこちら

白内障

緑内障 加齢黄斑変性

糖尿病・網膜症

網膜剥離

ドライアイ

近視・仮性近視 メガネ・コンタクトレンズ

眼内レンズ

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC