眼内レンズについて

あきらめかけていた趣味や日常生活はありませんか?

あなたの生活に最適な
見え方を考えてみてはいかがでしょうか。

 

白内障手術は術後の見え方を選ぶことができる一生に一度の機会です。
ご自身の生活に最適な見え方に合わせることで、より快適な術後生活を送ることができます。
どういった距離が見たいや、何がしたいなどはありますか?
●趣味・職業
●見たいこと、したいこと
●メガネをかけても良いか、かけたくないか

携帯電話・スマートフォン・ タブレット
デスクトップPC・ノートPC
お化粧
料理
ゴルフなどのスポーツ
運転・ドライブ
お買い物
旅行

眼内レンズ種類

眼内レンズの種類により、
保険診療、自費診療、先進医療に分類されます。

 

①単焦点レンズ
ピントが合う距離が1つなので、生活スタイルに合わせて遠くか近くか、どちらかのピントを選ばなければなりません。
選んだピント以外の距離はピントが合わないため、その距離を見るにはメガネが必要になります。

②老視矯正レンズ
ピントが合う距離が複数あるので、メガネを必要とする頻度をかなり減らすことができます。
メガネの煩わしさ解消することが可能です。

眼の状態の診断によって眼内レンズの種類が選択できない場合もあります。

単焦点眼内レンズ

保険診療
乱視用 保険診療

見え方

〔遠く〕にピントが合うレンズ

〔遠く〕に合わせると
遠くがくっきり見えますが、近くはぼやけます。
手元をくっきり見たいときはメガネが必要になります。

〔近く〕にピントが合うレンズ

〔近く〕に合わせると
近くがくっきり見えますが、遠くはぼやけます。
遠くをくっきり見たい時はメガネが必要になります。

老視矯正レンズ

自由診療・先進医療

 

   

乱視用 自由診療・先進医療

見え方

〔遠く・近く〕にピントが合うレンズ

【遠く・近く】+3Dを選ぶと
遠くと手元40cmが見やすいです。
中間の距離は少しぼやけて見えますが、全体的に見えるので、メガネからの使用頻度は減ります。

〔遠く~中間〕にピントが合うレンズ

【遠く~中間】+2.5Dを選ぶと
遠くから50cmまでなだらかに見えます。
手元をしっかり見たい時はメガネを使うとしっかり見えます。

眼内レンズの選択

日常生活で、よく見る距離や、見たい距離はどこでしょうか?
術後に実現したい生活スタイルを聞き取ることで、より適切な眼内レンズの種類を選択することができ、高い満足度が得られやすいです。

+3D
+2.5D

もりもと眼科 03-5779-1177 メールでのお問い合わせはこちら

白内障

眼内レンズ

緑内障 加齢黄斑変性

糖尿病・網膜症

網膜剥離

ドライアイ

近視・仮性近視 メガネ・コンタクトレンズ

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC

白内障

眼内レンズ

緑内障

加齢黄斑変性

糖尿病・網膜症

網膜剥離

ドライアイ

近視・仮性近視 メガネ・コンタクトレンズ

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC