オルソケラトロジー

 

新しい近視矯正法「オルソケラトロジー」
~睡眠中にしっかり近視矯正、日中は裸眼でくっきり視界~

オルソケラトロジーは、角膜形状を矯正するハードコンタクトレンズ(オルソケラトロジーレンズ)を寝るときだけ装着し、日中の裸眼視力の改善を行う、新しい近視矯正法です。
2009年に株式会社アルファコーポレーションが、日本で初めてオルソケラトロジーレンズの認可を取得し販売を開始しました(現在、株式会社アルファコーポレーション製造、株式会社メニコン販売)。
アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、多くの国でその効果と安全性が広く認められている治療法です。

オルソケラトロジーレンズは

レンズの内側にカーブを施した特殊なデザイン
レンズの中心部がフラットになっており、この部分で角膜の形状を少し平らにして、近視を矯正します。
レンズはひとりひとりの角膜の形状や近視の程度に合わせてオーダーメイドします。
レンズは寝る前につけて、朝はずします。
多くの酸素を透すことのできる素材でできているため、装用したまま寝ても眼の健康に大きな影響を及ぼすことはありません。

オルソケラトロジーレンズの原理

眼は入ってきた光を網膜上で焦点を合わせることで像としてとらえます。近視の場合は、この焦点が網膜より手前で結ばれるために像がぼやけて見えます。近視を矯正するには、光の屈折を変える必要があります。オルソケラトロジーレンズを装用することにより、角膜の形状をやや平たん化させて光の屈折を変えます。レンズをはずしても一定期間、角膜の形状を保つことが出来るため焦点は合ったままとなり、日中は十分な裸眼視力が維持されます。

オルソケラトロジーレンズの近視矯正効果

装用開始時に平均0.3だった裸眼視力が、1週間後には、平均1.0にまで改善され、その後の視力はは安定しています。
**レンズメーカーが日本国内の医療機関で実施した臨床試験の結果

画像

こんな方にお勧めします。

日中のコンタクトや眼鏡の装着に抵抗がある。乾き目や花粉症などでコンタクトの装用が困難
激しいスポーツやウォータースポーツをする。
レーシックなどの屈折矯正手術に不安がある。

オルソケラトロジーは、学童期のお子様にお勧めです。

夜間に親の監視下でのみ、レンズを装用すればよいので安心です。
授業に集中でき、体育の時間もメガネや通常のコンタクトレンズのように壊したり、なくしたりする心配がありません。
高学年になり、部活やスポーツ少年団に入ると不便に感じる方が多いようです。オルソケラトロジーなら裸眼でスポーツにも集中できます。

治療の流れと費用

適応検査

オルソケラトロジーレンズの装用に適しているか、近視の度合いや眼の健康状態を調べる「適応検査」を受ける必要があります。

トライアルレンズ体験装用(概ね1か月以内):30,000円(税込)

適応検査で問題なければ、トライアルレンズを装用します。

レンズの装脱着が出来るか?
オルソケラトロジーレンズの効果を体感。
オルソケラトロジーレンズのフィッティング状態を確認。

治療プログラムの開始(1年契約):125,000円(税込)

個々の眼の状態に応じた「専用レンズ」を装用します。

専用レンズ使用代
年間の定期検査代
レンズ装用に必要なケア用品(1ヶ月分)

定期検査

治療を継続している間は、3ヶ月ごとに定期検査を受診していただく必要があります。定期検査では、近視の状態、眼の健康状態、レンズの検査などを行います。
※治療を中止する場合は、専用レンズを返却していただく必要があります。

 

その他費用(税別)

眼科医の指示によるレンズの交換 30,000円 / 1枚
レンズの紛失・スペア制作 30,000円 / 1枚
定期検査代(2年目以降) 3,000円 / 1回

もりもと眼科 03-5779-1177 メールでのお問い合わせはこちら

白内障

眼内レンズ

緑内障 加齢黄斑変性

糖尿病・網膜症

網膜剥離

ドライアイ

近視・仮性近視 メガネ・コンタクトレンズ

オルソケラトロジー

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC

白内障

眼内レンズ

緑内障

加齢黄斑変性

糖尿病・網膜症

網膜剥離

ドライアイ

近視・仮性近視 メガネ・コンタクトレンズ

オルソケラトロジー

信頼できる医療機関を探せる Medical DOC